So-net無料ブログ作成

180 : Kurt Julian Weill [楽興の時]







Kurt Julian Weill

















 

Bundesarchiv_Bild_146-2005-0119,_Kurt_Weill.jpg

Kurt Julian Weill



















クルト・ユリアン・ヴァイル(Kurt Julian Weill 190032 - 195043日)は、1920年代から生涯にわたって活躍しつづけたドイツの作曲家である。

 

彼は、自身のコンサート用の作品の作曲をしつつ、演劇やオペラ・ミュージカルの作曲へ同等の力を注ぎ、多くの作品を残した。

 

特にベルトルト・ブレヒトが台本に協力した『三文オペラ』で知られる。

妻は女優ロッテ・レーニャ。




































♪20世紀前半のドイツの作曲家クルト・ワイルの出世作



「マック・ザ・ナイフ」の名でスタンダードナンバーとしても知られるこの曲は、20世紀前半のドイツの作曲家クルト・ワイルの出世作「三文オペラ」で、序曲に続いて主人公メッキー・メッサーが歌う「メッキー・メッサーのモリタート」です。

この音楽劇は1928年の作で、原作はシェークスピア時代の、英国の劇作家ジョン・ゲイ作のコメディ劇「ベガーズ・オペラ」です。

それから200年の時を経て、ハウプトマンがドイツ語訳を施し、更にプレヒトが三幕八場の歌劇台本にしたものにワイルが作曲しました。

「三文オペラ」はそれまでのオペラの常識や枠にははまらない、いわばアンチテーゼ的な意味あいも持った異色の作品で、完成年にベルリンで上演されると、一大センセーションを巻き起こしました。

作品のジャンルとしては演劇、オペラ、オペレッタなど、多様な区分に当てはまりながらも、そのどれでもないというスタイルで、クラシックのオペラとして紹介されつつ、演劇の扱いにもなっています。

ただ、こうしたベルリン・オペレッタが、後のアメリカのミュージカルの原型になっていったことはたしかです。

ワイル自身は「三文オペラ」についてこう語っています。

「むしろこれはオペラの白痴化に反撃しようとする試みなのです。私にはオペラの方がオペレッタよりはるかに愚かしく、現実離れしていて、その志向においてもっと低級なものだと思います。」

このオペラは楽器編成からみてもジャズ的要素が濃く、例えば「メッキー・メッサーのモリタート(匕首マッキーの歌)」の場合では、オルガンやバンジョーといった、通常は見られない楽器も登場します。

そしてリズムは4ビート、和声を彩るピアノもジャズ的です。

ですからジャズシンガーたちが、こぞってカバーしたのも当然の流れで、フランク・シナトラを始めとする多くの歌手たちが十八番としてきました。

ワイルはこのオペラを7部からなる管楽合奏の組曲に編曲しています。

「小さな三文音楽(Eine Kline Dreigroschenmusik)」と題したこの作品も、オペラと同様、ジャズ的風味を活かして大成功を収めました。

「マック・ザ・ナイフ」は最近、ロト6のテレビCMでも流れているので、耳にしてご存知の方も多いと思います。




















生涯と作品


 

デッサウにおいてユダヤ人の家系に生まれる。父はハザン。

 

20歳の時にベルリンでフェルッチョ・ブゾーニに師事し、『交響曲第1番』を作曲した。

その後グスタフ・マーラー、アルノルト・シェーンベルク、イーゴリ・ストラヴィンスキーの影響を受けた『弦楽四重奏曲』や『ヴァイオリンと管楽のための協奏曲』で成功を収めるが、彼の関心は劇場音楽や声楽へと向いて行った。

 

1928年に戯曲家ベルトルト・ブレヒトとの共同作業によりオペレッタ『三文オペラ』の音楽を監修したことをきっかけに、1920年代後半より1930年代初頭には彼の劇場音楽や声楽作品が大衆の間で大流行し、アルバン・ベルク、アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー、ダリウス・ミヨー、イーゴリ・ストラヴィンスキーからも称賛を受け、一躍有名になる。

 

しかし、高名なユダヤ人作曲家であったことから、ナチスの当局から危険視されるようになり、後期の作品の発表時には、コンサートの会場でナチ党員によって組織された暴動が何度も起きた。

 

実際、交響曲第二番の演奏会や「マハゴニー市の興亡」組曲("Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny" 1930年)の演奏会、、『人質』("Die Burgschaft" 1932年)、『鏡の湖』("Der Silbersee" 1933年)などの舞台作品の上演は、ナチス当局による暴力的な干渉のため中断せざるをえなかった。⇒



































⇒ ドイツを離れる以外音楽活動を続ける道がなくなったヴァイルは、1933年にパリへ逃れることを余儀なくされた。

この最初の亡命地ではブレヒト台本のバレエ『七つの大罪』を作曲している。

 

1934年には最後の純器楽作品の『交響曲第2番』を完成させ、ブルーノ・ワルターの指揮でニューヨークとアムステルダムで演奏された。


その後1935年にアメリカ合衆国に移住した。

アメリカではヨーロッパでのスタイルを捨て、ポピュラー音楽を研究し、数多くのミュージカル作品を残している。

市民権を取得した1943年当時、ヴァイルにとって合衆国は夢に見る民主主義のファンタジーランドであった。

遠洋定期船がニューヨーク港の中へ蒸気で進んでいたとき、ヴァイルはドイツに彼の生活のすべてを残したままだった。

彼は作品の大部分が破壊されると信じた、そして文学を例外にすれば、ただごく稀に、いやいやながらドイツ語で話したり書いたりした。

例えば、イスラエルにすでに避難している両親への手紙にドイツ語を用いた。

1950年、ニューヨークで50歳の誕生日を迎えた直後に心臓発作により死去。

ニューヨーク州ハベストローのMount Repose Cemeteryに埋葬され、墓石には、死の前年に作曲したミュージカル『星空に消えて』の中の歌"A Bird of Passage" (マクスウェル・アンダーソン作詞)の楽譜が刻まれている。

彼は女優ロッテ・レーニャと二回結婚をした(1926年に一度、1933年に離婚したのち、1937年に再婚)。

レーニャはヴァイルの仕事を大いに助け、そして彼の死後には、彼の音楽を高めるために、彼女自身がこれを引き受けた。

彼女はクルト・ヴァイル財団を組織した。⇒




































⇒ 彼の最もよく知られている作品はブレヒトと共同して書かれた「三文オペラ」であるが、それ自身ジョン・ゲイ、ヨハン・クリストフ・ペープシュの「乞食オペラ」(1727年)のリメイクであった。

 

「三文オペラ」はヴァイルの最も有名な歌、「マック・ザ・ナイフ(匕首マッキーの殺し歌)」を含んでいる(ジャズにおいてはあまりにも多くのカヴァーがある。

一番有名なものは1959年にボビー・ダーリンによるカヴァーがヒットしている)。

 

ブレヒトとの合作として出来上がったヴァイルの仕事は成功したものの、目論見とは異なった結果に終わり、二人は決別した。

 

ロッテ・レーニャによれば、ヴァイルは「『共産党宣言』を音楽に合わせる」ことが不可能であった、というコメントをした。



ヴァイルのアメリカでの仕事の多くは、彼のドイツにおける努力より低い評価を受けているが、ブロードウェーのための彼の仕事は多くの人々に尊敬されている。

そしてそこにはミュージカルとして賞賛される数々のショーも含まれている。

"Lady in the Dark" "LoveLife" の間にアメリカのミュージカルの発展における強い影響力を見ることができる。

ヴァイル自身はアメリカの歌劇を作ることについての新しい方法を見いだそうと努力した。

それは商業的であると同時に、芸術的な成功をおさめるものだった。
この方向での最も面白い試みはエルマー・ライスの演劇に基づいた「街の風景 ("Street Scene")」である。


クルト・ヴァイルの音楽に影響を受けた現代のミュージシャンには、レナード・コーエン、ドアーズ、トム・ウェイツ、デビッド・ボウイ、ニック・ケイブ、マリリン・マンソンとドレスデン・ドールズがある。


































 

 

 

Bennyさんのリクエストにお応えして 

 

 

 

 

 

 

作品のリスト


 

1916 – Ofrahs Lieder. Song cycle for voice and piano (Jehuda Halevi)

1917 – ピアノのための間奏曲 Intermezzo
for piano


1918 – Maikaterlied, Abendlied for two sopranos and piano (texts by
Otto Julius Bierbaum)

1918 – 弦楽四重奏曲ロ短調 String Quartet in B Minor

1919 – 管弦楽のための組曲ホ長調 Suite for Orchestra in E
major

1920 – チェロとピアノのためのソナタ Sonata for Cello and
Piano

1921 – Langsamer Fox und Algi-Song. Piece for solo piano and song
for voice and piano

1921 – 交響曲第1Symphony No.1

1922 – Suite 'In the Old Style' (Divertimento) for orchestra and chorus op.5 (orchestrated and reconstructed by David Drew and Christopher Shaw)

1922 – Psalm VIII for a cappella chorus

1922 – Sinfonia Sacra: Fantasia, Passacaglia und Hymnus for orchestra, op. 6 (unfinished)

1922 – 魔力 Zaubernacht. Children's pantomime for solo soprano and chamber orchestra, op. 7

1923 – 弦楽四重奏のための2楽章 Two movements for String Quartet

1923 – 弦楽四重奏曲 String Quartet op. 8

1923 – クオドリベット Quodlibet. Suite for orchestra from the pantomime Zaubernacht, op. 9

1923 – Frauentanz: sieben Gedichte des Mittelalters for soprano and instrumental ensemble, op. 10

1923 – Recordare, op. 11, for SATB chorus and 3-part children's choir a cappella

1924 – ヴァイオリンと吹奏楽のための協奏曲 Concerto for Violin and Wind Ensemble, op. 12

1925 – Klops Lied. Song for voice, two piccolos and bassoon (on a traditional Berlin text Ich sitze da un' esse Klops)

1925 – Das Stundenbuch (Rainer Maria Rilke). Cycle of six songs for baritone and orchestra

1925 – Pantomime. Scene for mezzo-soprano, tenor, baritone, bass and wind instruments from the opera Der Protagonist

1926 – 主役 Der Protagonist (Opera in one act, text by Georg Kaiser)

1926 – Herzog Theodor von Gothland. Incidental music for a play byChristian Dietrich Grabbe

1927 – 新オルフェウス Der Neue Orpheus. Cantata forsoprano, solo violin and orchestra, op.16 (text by Yvan Goll)

1927 – ロイヤル・パレス Royal Palace (Opera in oneact, text by Yvan Goll)

1927 – マハゴニー Mahagonny (Songspiel) (Bertolt Brecht)

1927 – Bastille Music. Suite for wind ensemble arranged by David Drew (1975) from incidental music for Gustav III (1927), by August Strindberg

1927 – 森に死す Vom Tod im Wald. Ballad for bass voice and 10 wind instruments (Bertolt Brecht)

1928 – Berlin im Licht Song. March for military band (wind ensemble)

1928 – Leben Eduards des Zweiten von England. Incidental music for a play by Bertolt Brecht and Lion Feuchtwanger

1928 – Konjunktur. Incidental music for a play by Leo Lania

1928 – ロシア皇帝は写真を撮らせ給う Der Zar lässt sich photographieren (Opera in one act, text by Georg Kaiser)

1928 – 三文オペラ Die Dreigroschenoper, or the bThreepenny Opera (Bertolt Brecht)

1928 – 小さな三文音楽 Kleine Dreigroschenmusik, Suite for wind orchestra, piano and percussion from 'Die Dreigroschenoper'

1928 – Zu Potsdam unter den Eichen for chorus a cappella or voice and piano Bertolt Brecht)

1928 – ベルリン・レクイエム Das Berliner Requiem. Small Cantata for three male voices and wind orchestra (Bertolt Brecht)

1929 – Die Legende vom toten Soldaten for chorus a cappella Bertolt Brecht)

1929 – リンドバーグの飛行 Der Lindberghflug (first version) with parts of the music by Paul Hindemith and lyrics by (Brecht)

1929 – ハッピー・エンド Happy End (Elisabeth Hauptmann and Bertolt Brecht)

1929 – Der Lindberghflug (second version). Cantata for tenor, baritone, and bass soloists,chorus and orchestra. Music entirely by Weill and lyrics by Bertolt Brecht

1930 – マハゴニー市の興亡 Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny, or Rise and Fall of the City of Mahagonny (Bertolt Brecht)

1930 – 承諾者(イエスマン) Der Jasager (Elisabeth Hauptmann and Bertolt Brecht) - 能の『谷行』を基にしたもの。

1930 – Mann ist Mann (Bertolt Brecht). Incidental music for 1931 production

1932 – 人質 Die Bürgschaft, or The Pledge (Caspar Neher)

1933 – 銀の湖 Der Silbersee, or Silver Lake

1933 – 七つの大罪 Die sieben Todsünden, or The Seven Deadly Sins. Ballet chanté for voices and orchestra (Bertolt Brecht)

1934 – Marie galante (book and lyrics by Jacques Deval)

1934 – Suite panaméenne. Suite for chamber orchestra from Marie galante

1934 – 交響曲第2Symphony No. 2. Premiered by the Royal Concertgebouw conducted by Bruno Walter

1934 – Der Kuhhandel, or My Kingdom for a Cow (Robert Vambery)

1936 – Johnny Johnson (Paul Green)

1937 – The Eternal Road (Desmond Carter, first, unfinished version in German with a text by Franz Werfel)

1937 – Albumblatt für Erika. Unpublished and unperformed piano transcription of a section from The Eternal Road for Erika Neher

1938 – You and Me (lyrics by Sam Coslow and Johnny Burke). Score for the film by Fritz Lang

1938 – Davy Crockett. Songs from the musical play (unfinished) for voice and piano (Book and lyrics by H.R. Hays)

1938 – Two Folksongs of the New Palestine. Arrangements for voice and piano

1938 – ニッカーボッカー氏の休日 Knickerbocker Holiday (Maxwell Anderson)

1938 – Railroads on Parade (Edward Hungerford)

1939 – Madam, Will You Walk?. Incidental music for a play by Sidney Howard

1940 – Ballad of Magna Carta. Cantata for narrator and bass soloists, chorus and orchestra (Maxwell Anderson)

1941 – 闇の女 Lady in the Dark (Moss Hart and Ira Gershwin)

1941 – Fun to be Free Pageant

1942 – Mine Eyes Have Seen the Glory. Patriotic song arrangements by Weill for narrator, chorus, and orchestra

1943 – ヴィーナスの接吻 One Touch of Venus (Ogden Nash)

1943 – Where Do We Go from Here?. Film score (lyrics by Ira Gershwin)

1945 – The Firebrand of Florence (Ira Gershwin)

1945 – はるか谷間に Down in the Valley

1946 – Kiddush. Liturgical setting of Sanctification rite for cantor, chorus and organ

1947 – Four Walt Whitman Songs for voice and orchestra

1947 – ストリート・シーン Street Scene (Elmer Rice and Langston Hughes)

1947 – Hatikvah. Arrangement for orchestra by Weill of the Israeli National Anthem

1948 – Love Life (Alan Jay Lerner)

1949 – 星空に消えて Lost in the Stars (Maxwell Anderson)

1950 – ハックルベリー・フィン Huckleberry Finn. Song cycle for voice and piano (Maxwell Anderson)未完成.





































































































13094202_495854540614033_117189118760786684_na.jpg










 




Ladies and gentlemen Many thanks for your visit !







 

20080414a.jpg
 
 
  



このブログは美しい曲・美しい絵画・美しい詩 等をインターネットの宝の山から見つけ出し、

ご紹介する事を基本としているブログです。

またここで使っている音楽・動画は、ご紹介している作曲家・アーティストの作品や解説への引用です。

 

 


nice!(54)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

nice! 54

コメント 14

YUTAじい

おはようございます。
今日もまた記憶想い出させて戴けました・・・。
何時もありがとうございます。
by YUTAじい (2016-10-01 07:42) 

般若坊

YUTAじいさん おはようございます。
また来週中ごろ台風が来ますね。関東地方は10月5日頃でしょうか・・・何事もなければ良いのですが・・・
ジャズ ”マック ザ ナイフ” ”セプテンバーソング” の原音作曲者、のご紹介になりました。オペラの曲であったとは・・・
ジャズの方が有名になり、作曲者になかなか思いが行きませんでした・・・ ^^;
by 般若坊 (2016-10-01 09:52) 

夏炉冬扇

オペラヨリタンゴがよかったです。
by 夏炉冬扇 (2016-10-01 18:52) 

般若坊

夏炉冬扇さん こんばんは。
今晩は新月・・・真っ暗です。それにしても日の暮れるのが早くなりました。まさに釣瓶落とし・・・
曲は タンゴ・バラードの事でしょうか?お気に召して何よりです。 ^^
by 般若坊 (2016-10-01 21:16) 

般若坊

皆さん おはようございます。
今朝は久しぶりに、清々しい晴天です。青い空に多少雲はありますが、高層雲です。
Have a nice Sunday!

by 般若坊 (2016-10-02 09:18) 

旅爺さん

1曲目は聞いたこと有りますが作曲家は知りませんでした。
アームストロングは有名でしたからね。
by 旅爺さん (2016-10-03 06:17) 

beny

マック ザ ナイフは、サッチモ、ボビーダーリンも良いけどエラフィッツラルドが一番好きです。
by beny (2016-10-03 07:52) 

般若坊

旅爺さん おはようございます。
旅爺さん の年齢なら、まず間違いなくお聞きになっており、記憶にある旋律だと思います。
まあ作者は曲ほど有名ではないかもね! ^^
by 般若坊 (2016-10-03 08:45) 

般若坊

beny さん おはようございます。
エラ・フィッツジェラルド・・・好きですね!
彼女の”マックザナイフ”を後付けで、乗っけておきますね!
ご一緒に聴きましょう・・・ ^^
by 般若坊 (2016-10-03 08:47) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

サッチモのマック ザ ナイフ  久しぶりに聞きました。エラフィッツラルドの歌も久しぶりです。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2016-10-04 10:33) 

般若坊

暁烏 英(あけがらす ひで)さん こんにちは。コメントありがとうございます。
ご両所とも 今の時代では クラシックに入るでしょうね・・・
クラシックジャズ! いいですね・・・ ^^
by 般若坊 (2016-10-04 10:42) 

lamer

ほんとうに久し振りにサッチモが聴けて幸せでした。
by lamer (2016-10-04 17:20) 

般若坊

lamer さん こんばんは。
lamer さんは、サッチモのファンでしたか・・・野太い声ですが、温かみがありましたね!
私は彼の歌う「この素晴らしき世界」(What a Wonderful World)
が好きですね。
このブログでも、貼り付けました・・・ ^^
by 般若坊 (2016-10-04 18:43) 

beny

般若坊さんこんばんは。エラの歌をアップしていただき有難うございます彼女のスキャットはサッチモと並んでナイス。また歌の中でルイアームストロングの名前が出てきますね。一方スティヴィ ワンダーも同歌をカバーしていて鈴を振るような可愛い声エラーと歌っているのが面白いと思いました。エラを先輩歌手として尊敬してるのではと思われます。
by beny (2016-10-05 21:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。