So-net無料ブログ作成
検索選択

149 : Edward Alexander MacDowell [楽興の時]

 

 

 

Edward Alexander MacDowell

















 

マクダウェル.png

Edward Alexander MacDowell














 



 

エドワード・アレグザンダー・マクダウェル(Edward Alexander MacDowell 18601218日ニューヨーク - 1908123日)は19世紀末のアメリカ合衆国を代表するロマン主義音楽の作曲家・ピアニスト・大学教授。

たくさんのピアノ小品や2つのピアノ協奏曲で有名。

スコットランド系移民の父親とアイルランド系移民の母親の間に生まれた。

なお、MacDowellの読みは、日本ではマクダウェルで知られているが、実際の発音は-ow-が二重母音となり、マクダウルに近い([məkdáuəl])。















 
















 

 

生涯 

マクダウェル家はニューヨークで宿泊所を営んでおり、しばしば国外からの音楽家が長期滞在するのに利用していた。

マクダウェル少年は、コロンビア出身のヴァイオリニスト、フアン・ブイトラーゴやベネズエラ出身のピアニスト、テレサ・カレーニョの二人にピアノと音楽の手ほどきを受け、楽才を認められた。

1877年に母親に連れられてフランスに渡り、パリ音楽院より入学資格を得る。同級生にはドビュッシーがいた。

しかしながら、フランスの言語や文化習慣になじめず、留学先をドイツに変更、フランクフルトのホーホ音楽学校に籍を置き、ピアノを学ぶ傍ら、校長ヨアヒム・ラフに作曲を師事、その愛弟子となる。

1879年にリストが同校を訪問した際に、学生の作曲した作品によるコンサートが行われ、マクダウェルは自作のほかに、リストの交響詩のピアノ用編曲を演奏した。

ダルムシュタット音楽院でピアノ教師を1年務め、1884年に、ニューヨーク出身のアメリカ人女性で、ドイツでの教え子マリアン・ネヴィンズと結婚した。  

1888年に請われてアメリカ合衆国に帰国し、ボストンで音楽教師やピアニストとして活動を続けた。その後にコロンビア大学に招かれ音楽学部の主任教授に就任するかたわら、男声合唱団メンデルスゾーン・グリー・クラブの指揮者なども引き受けている。

公務に忙殺されるようになってからは、作曲活動を夏に限るようになった。

 






























 


 

1902年に辻馬車に撥ねられ、その後遺症により心身の病に冒され始め、教壇に復帰することができなくなる。

メンデルスゾーン・グリー・クラブはマクダウェルの闘病生活のために募金を行なってマリアン夫人を支えた。

1908年に全身麻痺により急死し、ニューハンプシャー州の避暑地ピーターバラに所有する山荘に埋葬された。

晩年のマクダウェルは、この別荘を、文筆家や作曲家のために芸術家村として開放するプランを練っており、その遺志はマリアン未亡人の尽力によりマクダウェル・コロニーとして実現された。

また、事故の年には、アメリカ文芸アカデミーの最初の会員にも選び出されている。













 




 
















 


 

作風 

マクダウェルは多感な時期からヨーロッパ生活が長く、そのため自らを精神的にはヨーロッパ文化、とりわけドイツやスカンジナビアの精神文化に帰化しているとさえ見なしていた。

ヨアヒム・ラフやリストらヨーロッパ屈指の才能との親交が、その自己評価に拍車をかけた。

同時代のアメリカ合衆国については文化水準の低い国と看做しており、自分はアメリカ楽壇を指導するために帰国したのだと考えていた。

その考えから、アメリカ音楽の発展のために、同郷人で自分と似たような経歴を持つアメリカ人作曲家ジョージ・テンプルトン・ストロング・ジュニアに帰国を要請し、一時的にそれを実現させている。 

ヨーロッパ時代に作曲された作品は、このため、メンデルスゾーンやシューマン、ショパンなどの影響が色濃く表れ出ている。

自らが演奏するために作曲したピアノ協奏曲は、自分と同名のグリーグへの傾倒のもとに作曲されており、とりわけ第1番は、調性や曲想などにグリーグ作品との類似が指摘できる。

グリーグからの影響は、帰国後の作品である4つの副題つきピアノ・ソナタにも当てはまる。

リストの影響は、初期のいくつかの交響詩や、帰国後の2つの管弦楽組曲に認められ、恩師ラフ譲りの卓抜なオーケストレーションが印象深い。














 



 















 


 

マクダウェルは交響曲や室内楽の本格的な創作には興味を示さず、ブラームスやドヴォルザーク、第2次ニューイングランド楽派の作曲家については、その才能は認めるが作品は評価しないという態度で臨んだ。

しかしながら、例外的にチャドウィックの諸作品を高く評価し、特に、スコットランド系・アイルランド系移民のもたらした民謡にインスピレーションを得る姿勢を、チャドウィックに倣っている。

帰国後のマクダウェル作品、とりわけ1890年代から1900年代に作曲されたピアノ曲や歌曲に、民族音楽を思わせる音組織やリズムが目立っているのは、そのためである。

マクダウェル作品の中でもっとも有名な《野ばらに寄す》は、このような作例のひとつに過ぎない。 

一方で、成熟期のチャドウィックやゴットシャルクが黒人やカリブ海の民族音楽に開眼していったのに対して、晩年のマクダウェルは、アメリンディアン(アメリカ先住民)の民謡を和声付けするという手法で作曲にも取り組んだ。

《管弦楽組曲第2番》がその最も有名な例である。 歌曲の作曲はドイツ時代から取り組んでおり、そのためドイツ語の詩に数多く曲付けした。

中でもお気に入りの詩人はゲーテとハイネであった。一方、メンデルスゾーン合唱団のために作曲された無伴奏合唱曲は、英語詩を用いて作曲されている。 

日本では、マクダウェルの名とその作品は早くから流入しており、いくつかの歌曲は、ミュージカル作曲家シグマンド・ロンバーグのヒット曲と並んで、大正時代に楽譜が出版されている。

近年では、炊飯器のTVCM曲に《野ばらに寄す》が使われた。















 


















 


 

主要作品一覧 

管絃楽曲

器楽曲・ピアノ曲

声楽曲 

詳細曲目はWikipediaを参照ください。









 

 
















































 

10705328_340233149473517_1116161603_n.jpg










 


Ladies and gentlemen Many thanks for your visit !


 
20080414a.jpg
 
 
  



このブログは美しい曲・美しい絵画・美しい詩 等をインターネットの宝の山から見つけ出し、

ご紹介する事を基本としているブログです。

 

 

 


 


nice!(64)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。